文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[熊本地震5年]赤ちゃんを救え<7>支えてくれたお返しを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヘリポートに着いた男の赤ちゃんは、整った顔立ちをしていた。熊本地震の本震当日、2016年4月16日午後、九州大学病院(福岡市)にいた小児科医、松下 悠紀ゆき さん(43)と、転院してきた 碧生あおい ちゃんの出会いだった。

 生後4か月で体重は1600グラムほど。熊本市民病院で生まれたときは468グラムの超低出生体重児。未熟なまま生まれた影響で腸が 壊死えし し、治療のため一時的に人工肛門をつくっていた。

 駆けつけた母親の石田真知子さん(47)は、やつれた表情とは裏腹に多弁だった。松下さんはやんわり制止して、語りかけた。「お母さん、無理しないで。疲れましたよね。もう頑張らなくていいんですよ」。石田さんは涙をこぼした。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事