文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

難病患う小3の女の子、「心臓移植しか助かる道ない」…両親が募金呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 心臓の難病「拘束型心筋症」を患い、闘病を続けるさいたま市の小学3年、 堀籠ほりごめ美羽みう さん(8)の両親らが、県庁で記者会見を行い、米国で心臓移植手術を受けるための募金への協力を呼びかけた。目標金額は1億6600万円。両親は「心臓移植でしか助かる道がなく、娘を救ってほしい」と訴えた。

 両親らによると、美羽さんは小学1年だった2019年の健康診断で異常が見つかり、同年7月、県立小児医療センターで病気と診断された。元々、体力のある方ではなかったが、すぐに疲れて小1の3学期からは学校にあまり行けなくなった。投薬で症状を抑えるため、20年3月頃から同センターに入院している。

難病患う小3の女の子、「心臓移植しか助かる道ない」…両親が募金呼びかけ

難病の拘束型心筋症と診断され、移植を待つ美羽さん(救う会提供)

 コロナ禍で、両親とは1日に2~4時間、どちらかとしか面会できず、弟(5)とは一度、ガラス越しに会っただけ。「おうちに帰りたい」とこぼすこともある。将来の夢は、大好きな「アイスクリーム屋さんになること」だ。父親の啓太さん(38)は「せっかく生まれてきたので、願いをかなえてあげたい」と涙ながらに訴えた。

 拘束型心筋症は、心臓の筋肉が硬くなる原因不明の病気で、心不全や不整脈を起こしやすくなる。現在、美羽さんは30メートルほど歩くと、息切れしてしまうという。主治医の同センター循環器科・吉田賢司医師は「症状の進行があり、あまり時間がない」と説明する。

 募金活動は、啓太さんの同僚らでつくる「みうちゃんを救う会」が行う。問い合わせは、同事務所(048・645・1130)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事