文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[熊本地震5年]赤ちゃんを救え<6>三つ子 再三の転院越えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 滝のような雨が降り続いていた。熊本県芦北町の特別養護老人ホームで、夜勤に入っていた介護福祉士の渡辺勤さん(35)は、外の様子をうかがっては不安を募らせた。

 2020年7月4日、熊本をまたも大災害が襲った。豪雨に見舞われた県南部で川があふれた。午前3時過ぎ、施設前の道路に迫った水がみるみるかさを増してきた。入所者の居室は1階。このままでは危ない。

 同僚と5人で、入所者約90人を2階の会議室へ避難させることにした。体の不自由な高齢者ばかり。渡辺さんは1人ずつ抱き上げ、20人ほどを次々に運んだ。「大丈夫。大丈夫ですよ」。おびえる人を繰り返しなだめた。階下はひざ上の高さまで水につかっていた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事