文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

iPSから胎盤の細胞、京大研究者ら作製に成功…不妊症の原因解明に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、胎盤を構成する主な3種類の細胞を作ることに成功したと、京都大iPS細胞研究所の高島康弘講師(再生医学)らのチームが発表した。不妊症や妊娠高血圧症候群などの原因解明につながる可能性があるといい、論文が8日、米科学誌セル・ステム・セルに掲載された。

iPSから胎盤の細胞、京大研究者ら作製に成功…不妊症の原因解明に

 胎盤は、胎児が成長するのに必要な酸素や栄養を母親の血液から吸収する役割を担う。人の受精卵が子宮に着床した後、受精卵の外側にある細胞が胎盤になる。

 チームは、通常のiPS細胞をより人の受精卵に近づける処理を施すなどした上で、胎盤のもとになる細胞に変化させた。さらに、この細胞から3種類の胎盤の細胞を作ることに成功した。ただし、栄養の吸収など、胎盤の細胞本来の機能を持っているかまでは確認できていないという。

 母親や胎児が危険な状態になる恐れがある妊娠高血圧症候群や、胎児の発育不全などには胎盤の異常が関連しているとされる。高島講師は「将来的には、人の胎盤の組織を作るのが目標の一つ。不妊症などの患者からiPS細胞を作り、病気を再現すれば原因解明につながる可能性がある」と話している。

  東北大の有馬隆博教授(分子生物学)の話 「人と同じようなメカニズムで胎盤の細胞に変化する過程を再現できた意義は大きい。ただ、作製した細胞が実際の胎盤と同じ機能を持つかを確認しなければ、医療応用にはつながらない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事