文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森本昌宏「痛みの医学事典」

医療・健康・介護のコラム

痛みに我慢強いのは栃木県民、諦めるのは愛知県民…ってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 TV番組「秘密のケンミンSHOW極」が人気だ。見ていると、「ヘー」と驚いたり、「なるほど」と納得させられることしきりである。出演しているタレントが力説するお国自慢への共感と、地元を離れている方にとってはノスタルジーをそそる内容であることが受けている理由だと考える。さて、地域によって刺激への反応の仕方、表現が異なる点に関して、私が日頃、特に感じるのが、蚊に刺された時のことである。

 私は「また () まれた~」と口にしてしまうが、これが通じないのである。「食われた~」とも言うが、これは失笑の対象となる。先日もあった。患者さんが腰に見事な (きゅう) の痕を残しておられたので、「気合の入ったヤイトやねえ」と言うと、看護師(高知県出身)が「えっ?」となった。そっか、“ヤイト”も全国区ではないんだ。

 それやこれやで、今回は痛みに関する県民性について考えてみようと思う。題して「痛みのケンミンSHOW」。

医師にも他人の痛みは理解できない

痛みに我慢強いのは栃木県民、諦めるのは愛知県民…ってホント?

 痛みは主観である。極めて個人的な体験であり、感覚なのでややこしい。その感じ方は千差万別、痛みを生じるだろう同程度の刺激を受けても、その受け取り方には個人差がある。さらには、痛みの感じ方は、年齢、性、過去の経験、現在の生活環境によっても異なるし、一日のうちでもその感受性が変化する。さらには季節や天候の影響も大きいから厄介だ。

 自身の過去の経験に当てはめるだけでは、他人の痛みは理解できない。それは医師にとっても、である。「この患者さんの訴えってどうかなあ? ほんまに痛いんやろか?」と懐疑的になったことがある医師は少なくないはずである。

 では、痛みの感じ方に県民性ってあるのだろうか? その表現方法は? こりゃおもしろくなりそうや。

 あるインターネットアンケート調査(全国からの回答者8924名)の結果を紹介する。「長く続く痛みを感じている場合、我慢しますか?」との質問に対して、「必ず我慢する」「だいたい我慢する」と回答した割合が最も多かったのは栃木県の81.6%だった。次いで愛媛県が78.8%、和歌山県が78.1%。少なかったのは神奈川県の68.3%。次いで静岡県の69.7%、埼玉県の69.8%であった。

 「長く続く痛みって治らないと諦めていますか?」との質問に「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した割合は、愛知県で75.7%、鹿児島県で74.6%、次いで千葉県が74.5%と多かった一方で、少なかったのは沖縄県60.6%、大分県61.9%、徳島県62.1%との結果だった。う~ん、この結果を分析しても、一定の傾向を見出すには至らないなあ。栃木県民が我慢強いと言えるのかなあ?

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morimoto-masahiro

森本 昌宏(もりもと・まさひろ)

 大阪なんばクリニック本部長・痛みの治療センター長。
 1989年、大阪医科大学大学院修了。医学博士。同大学講師などを経て、2010年、近畿大学医学部麻酔科教授。19年4月から現職。日本ペインクリニック学会専門医、名誉会員。日本東洋医学会指導医。著書に『ペインクリニックと東洋医学』『痛いところに手が届く本』ほか多数。現在、大阪市北区の祐斎堂森本クリニックでも診療中。

森本昌宏「痛みの医学事典」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事