文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

腫瘍内科医は「抗がん剤」が好きなのですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

新しい治療薬 「吐き気」「脱毛」少なく

 抗がん剤というと、「気持ち悪くなって、ゲーゲーと吐いてしまう」「髪の毛が抜けて、見た目も変わってしまう」というイメージがあると思います。実際、かつて主流だった従来型の抗がん剤では、そういう副作用が強く出ていました。従来型抗がん剤では、がん細胞だけでなく、正常な細胞も傷つけるため、副作用も強く出る傾向があります。

 近年、新たに開発されるがん治療薬の多くは、がん細胞に特徴的な分子を標的とする「分子標的治療薬」や、もともと体に備わっている免疫に作用する「免疫チェックポイント阻害薬」であり、従来型の抗がん剤で多くみられた「吐き気」や「脱毛」の副作用は少なくなってきました。もちろん、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬にも様々な副作用があり、従来型の抗がん剤ではなかったような重篤な副作用も起こりますので、副作用対策にはより一層力を入れていく必要はありますが、一つ一つの治療は、比較的楽になる方向に進んでいるように思います。

 ただ、現状では、従来型の抗がん剤に上乗せする形で、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬が併用されることが多く、治療によって長く生きられる患者さんが増えていることもあって、むしろ多数のがん治療薬が使われるという現実があります。

 今後は、開発されたがん治療薬をどんどん上乗せしていくのではなく、省ける薬剤はできるだけ省く方向性も必要です。薬を上乗せし、強力にしていくことを「エスカレーション」というのに対して、薬を省き、副作用を軽くしていくことを「ディエスカレーション」と呼びます。最近までのがん治療は、エスカレーション一辺倒でしたが、これからは、ディエスカレーションを目指していかなければなりません。

いずれは、抗がん剤のない時代へ

 腫瘍内科医としての私の夢は、吐き気や脱毛などで患者さんを苦しめてきた従来型の抗がん剤が必要ない世の中にすることです。「昔は、ゲーゲー吐いたり、髪の毛が抜けたりするような薬を使うのが普通だったんですよ」というように、昔話として抗がん剤を語れる日が来ることを願いつつ、ディエスカレーションのための研究に取り組んでいきたいと思っています。

 今は、従来型の抗がん剤も含めて、適切に使用していく必要があるわけですが、なんでもかんでも多い方がよいとか、休まずにやった方がよいと思うのではなく、副作用に応じて、減量したり、休む期間をおいたり、ということも検討します。ただ、減量や休薬にも、プラス面とマイナス面がありますので、そのバランスについて、やはり、患者さんと医療者がよく話し合うことが重要です。

 抗がん剤が好きか嫌いかはともかく、私が腫瘍内科医としてやりがいを感じるのは、患者さんとの語り合いです。抗がん剤はあくまでも道具の一つであって、それが主役ではありません。抗がん剤を使うかどうか、続けるかどうかも重要ですが、その道具を使ってどのように過ごしたいのか、日々の生活の中で何を大事にしているか、という方に重点を置いて話し合いながら、時に雑談もしながら、診療を行いたいと思っています。

 抗がん剤を使っていても、使っていなくても、語り合うべきことはたくさんあります。私は、患者さんと語り合うのが好きで、それこそが、腫瘍内科医の一番大切な仕事なのだと思っています。(高野利実 がん研有明病院乳腺内科部長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事