文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

腫瘍内科医は「抗がん剤」が好きなのですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
腫瘍内科医は「抗がん剤」が好きなのですか?

イラスト:さかいゆは

 私のような腫瘍内科医は、抗がん剤を専門に扱うわけなので、抗がん剤が好きなのだと思われがちですが、あまりそういう感覚はありません。抗がん剤を使った結果として、患者さんの状態がよくなれば、それはうれしいですが、副作用で苦しむ患者さんもおられますので、不必要な抗がん剤はできるだけやらずに済ませたい、という気持ちは強くあります。

抗がん剤 どちらかといえば嫌いです

 抗がん剤が好きか嫌いかと聞かれれば、どちらかといえば、嫌いです。少なくとも、好き好んで抗がん剤を使うとか、患者さんが嫌がっていても、どんどん使いたいとか、そういうことはありません。「手術が好き」という外科医はたくさん知っていますが、抗がん剤を投与すること自体が好きだという医者はほとんどいないでしょう。

 重要なのは、治療によって患者さんに利益がもたらされるかどうか、ということです。他の薬剤と比べてマイナス面の大きい抗がん剤だからこそ、それを上回る利益(プラス面)が期待される場合に限って、慎重に使用する必要があります。腫瘍内科医は、抗がん剤の専門家であり、抗がん剤のマイナス面をよく知っているからこそ、プラス面とマイナス面のバランスを大切にします。標準的な抗がん剤をただ投与するのではなく、一人ひとりの患者さんに対して、その時々の状況に応じて治療をどうするかを考え、悩みながら治療を行っていくのが腫瘍内科医の姿です。

プラスとマイナスのバランスで、治療継続か中止を判断

 何がなんでも抗がん剤を使ってほしいという患者さんに対して、ブレーキをかけることもよくあります。抗がん剤は単なる道具ですので、それを使うことが目的であってはいけません。「治療のために生きているのではなく、生きるために治療している」ということを忘れず、治療よりも大事なことに目を向けながら、患者さんとともに、適切な方針を考えていきます。

 抗がん剤を使っている間も、治療の結果として、マイナス面を上回るプラス面が得られているかを慎重に判断していきます。どのような副作用が出ていて、患者さんがどのくらいつらい思いをしているのか、副作用があっても続けた方がよいと言えるだけの効果が得られているのか、ということを常に考えながら診察します。治療を続ける場合も、副作用というマイナス面をできるだけ抑えつつ、効果というプラス面が最大限得られるように、様々な対策をとっていきます。

 副作用がつらいだけで、効果が得られていない場合には、治療の中止を検討します。効果と副作用のバランスというのは、単純に判断できないことも多いのですが、治療目標を共有した上で、今受けている治療がプラスになっているのかマイナスになっているのかを、患者さんと医療者が常に話し合っていくことが重要です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事