文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

大阪・兵庫・宮城の「まん延防止措置」、5日から適用…飲食店に午後8時までの時短要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 緊急事態宣言に準じた新型コロナウイルス対策が可能となる「まん延防止等重点措置」が5日、大阪と兵庫、宮城の3府県で適用される。対象地域では飲食店に対し営業時間の短縮、住民にも不要不急の外出自粛が要請される。

大阪・兵庫・宮城の「まん延防止措置」、5日から適用…飲食店に午後8時までの時短要請

大阪府の吉村知事

 重点措置は、2月に施行の改正新型インフルエンザ対策特別措置法で新設され、適用は今回が初めて。対象地域は大阪府が大阪市、兵庫県が神戸と尼崎、西宮、芦屋の4市、宮城県が仙台市で、期間は5月5日までの1か月間。

 3府県は対象地域の飲食店に、午後8時までの営業時間短縮を要請。応じなかった場合は命令も可能で、従わなければ20万円以下の過料を科すことができる。マスクを着用していない客の入店の拒否や退店、アクリル板の設置なども店に求める。住民には、不要不急の外出や歓送迎会などの自粛を呼びかける。

 大阪府の吉村洋文知事は4日、府庁で記者団に「集中的な対策を取り、(感染の)大きな波を少しでも抑えていくことが重要だ」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事