文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

フランスの外出制限、全土に拡大…変異ウイルス流行・1日の感染者6万人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【パリ=山田真也】フランス政府は3日夜、パリなどで実施していた新型コロナウイルス対策の外出制限と商業施設の規制などを全土に拡大した。4週間実施する。変異ウイルスの流行で1日当たりの新規感染者が6万人にも及ぶ深刻な状態が続いており、昨年春以降、3回目となる全土での制限実施に踏み切った。

フランスの外出制限、全土に拡大…変異ウイルス流行・1日の感染者6万人

3日、パリ中心部の鉄道駅で、ホームを移動する乗客(AFP時事)。フランスでは、3日夜から全土での外出制限が始まった

 マクロン大統領は、規制の強化によって感染を抑制したい考えで、国民に協力を呼びかけている。仏政府はワクチン接種を加速させ、5月中旬以降には閉鎖中の文化施設を再開し、5月半ばから夏にかけてはレジャー関連施設などを再開していく方針だ。今後、規制の段階的な緩和について具体的な計画をまとめる。

 だが、新規感染者の約8割を感染力が強いとされる英国型の変異ウイルスが占める中、対応は難航している。国民の間には規制に対する不満も根強くある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事