文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

カテーテル用ワイヤを抜き忘れて患者死なす、医師を在宅起訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府寝屋川市の寝屋川生野病院で2017年、患者が体内にカテーテル用ワイヤを放置され、転院先で死亡した事故で、大阪地検が、ワイヤを挿入した男性医師(73)を業務上過失致死罪で在宅起訴したことがわかった。3月30日付。医師は寝屋川生野病院の医師だった17年11月、肺炎などで入院中の鈴木博さん(当時69歳)の血管に栄養補給用のカテーテルを挿入した際、長さ約1メートルのステンレス製ワイヤを抜き忘れ、転院先で18年2月に死亡させたとして大阪府警に書類送検された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事