文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

宮城知事「大阪よりもひどい状況」…政府、感染食い止めへ知事要請待たず判断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 3月31日昼過ぎ、宮城県の村井嘉浩知事に西村経済再生相から1本の電話が入った。「大阪府から、まん延防止等重点措置の要請があります。宮城県はどうでしょうか」

 宮城県はそれまで、重点措置の適用に慎重な構えを見せていた。西村氏は村井氏が適用をのむかどうか、感触を探ろうとしていた。

 一方、村井氏は電話の直前、この日の県内の新規感染者が過去最多の200人に上ると聞き、衝撃を受けたばかりだった。「大阪府よりもひどい状況です」と西村氏に認めた。直近1週間の10万人あたりの感染者数は全国で最も多かった。

 政府は31日のうちに大阪府に加え、兵庫、宮城両県の適用を急きょ決めた。感染を食い止めるため、両県からの正式要請を待たずに重点措置適用の流れをつくるという異例の展開だった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事