文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

新タマネギのポトフスープ…コトコト煮込んだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、新タマネギをおいしくいただくレシピ「新タマネギのポトフスープ」のご紹介です。

 新タマネギの季節がやってきましたね。シンプルにサラダで食べてもよいですが、やはり食べやすいのは、コトコト煮込んだポトフです。煮込むことでトロッと軟らかくなり、より甘味を感じることができます。ベーコンとウインナーはパック包装で売られているので、冷蔵庫や冷凍庫で保存でき、いつでも使いやすいのがうれしいポイントですね。

 さて食材で注目なのは、タマネギです。タマネギの硫化アリルは、ビタミンB1の吸収率を高めてくれます。ベーコンには、ビタミンB1が含まれているので、相性のよい組み合わせです。タマネギは、ミネラル類ではカリウムが豊富。塩分の排せつを促し、血圧の健康に効果的です。

 野菜は、スープで煮込む前に、いためることでうま味を引き出すことができます。大事なのは、一煮立ちさせたあとにアクを取ること。これをすることでスープが澄んだ色になり、見た目にも食欲をそそります。おいしくて、やさしい味わいのポトフスープ。ジャガイモのホクホク食感に、野菜の甘味も加わり、おかわり確定です。新タマネギが手に入る、今だけの味を楽しみましょう。

[作り方]

(1) ニンジンとジャガイモは、厚めのいちょう切り。新タマネギはくし形切り。キャベツはザク切り。セロリは短冊切り。ウインナーは半分、ベーコンは食べやすい大きさに切る。

(2) 鍋かフライパンを強火で加熱し、ベーコン、ウインナー、新タマネギ、ニンジン、セロリを3分いためる。水と白ワイン、ジャガイモを入れ一煮立ちさせる。アクをとり、コンソメを入れて味付け。

(3) キャベツを入れて、ふたをして弱火で10~20分煮れば完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立柳町小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事