文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナ感染と申告した市女性職員、上司に医師名を問われウソ認める「特別休暇取りたかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大津市は29日、休暇を取るために新型コロナウイルスに感染したと虚偽の申告をしたとして、福祉子ども部の女性職員(38)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、職員は昨年9月15、16日、発熱があるとして休暇を取得。上司に対し17日、「PCR検査で陽性だった」「別の医師には陰性と言われた」などと虚偽申告した。上司が18日に医師名などを問い合わせたところ、うそを認めた。

 市は、新型コロナに感染した場合などに特別休暇を取得できる制度を設けている。職員は「体調不良による休みが多く、有給休暇が残り少なくなっていたので、特別休暇を取ろうと思った」と話しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事