文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ヘルスケア

お知らせ・イベント

太陽生命、スマホアプリを大幅リニューアル 「太陽生命の健康増進アプリ」スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 T&D保険グループの太陽生命保険(副島直樹社長)は3月29日、顧客向けのスマートフォンアプリを大幅にリニューアルし、「太陽生命の健康増進アプリ」=写真=として提供を始めた。「アプリで楽しく健康づくり」をコンセプトに、従来の「認知症予防アプリ」を刷新、歩行や睡眠など様々な視点から利用者の健康増進をサポートする。

太陽生命、スマホアプリを大幅リニューアル、「太陽生命の健康増進アプリ」スタート

 新機能の「歩いて疾病予防チェック」は、老年医学が専門の大内尉義・東大名誉教授の監修のもとに開発した。アプリ利用者の日々の歩数を測定するとともに、1週間の平均歩数や年齢、性別に応じて、「うつ病」「認知症」「高血圧」「糖尿病」など、予防できる可能性のある病名や健康増進に向けたアドバイスをする。また、枕元にスマホを置いて、睡眠の量や質を計測できる機能も搭載し、睡眠負債の状態(理想の睡眠時間と実際の睡眠時間の差)から、健康に影響を及ぼすリスクも知らせる。これらのメッセージが毎週1回、利用者に届く仕組みだ。

 トップ画面も一新し、健康増進のためのミッションをクリアすると「ビンゴ」になるなど、アプリを毎日使うための工夫も凝らしている。さらに、健康相談サービス「クリンタル」(株式会社JMDC提供)と連携し、看護師に気軽にチャットで健康相談をしたり(月3回まで)、病状に合った医師の紹介を受けたりすることができる。

 利用者本人の歩数や睡眠時間などの情報を、「見まもり家族」として登録した人も共有することができ、データの更新が一定時間確認できないときには、登録者にアラームを発信するなど、見守り機能も充実。同年代の利用者と歩行状況などを比較できるランキング機能もあり、毎日楽しく健康増進に取り組むことができる。

  詳しくは太陽生命のホームページへ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ヘルスケアの一覧を見る

最新記事