文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナワクチン 「筋肉注射」ってどうやるの?…副反応 9割に「痛み」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

持病 医師に確認必要

コロナワクチン 注意点は
コロナワクチン 注意点は

   4月にも高齢者への新型コロナワクチン接種が始まるね。「筋肉注射」と聞いたけど。

  ヨミドック  インフルエンザの予防接種などは、日本では「皮下注射」といって、腕の皮膚のすぐ下にある皮下脂肪の部分に薬液を入れます。コロナのワクチン接種は、皮下脂肪の下の筋肉(肩の三角筋)にまで針を届かせます。

   どうして筋肉に注射するの?

   筋肉は血管が多く、ワクチンの吸収が速いとされています。三角筋は大きくて、重要な神経や太い血管が通っていないので比較的安全に注射できます。肩の先の骨から適切な接種箇所を割り出します。半袖やタンクトップなど、肩を出せる服装にしましょう。

 注射の時は、腕は普通に下げて。針を刺す場所が、医療者に正確にわかります。

   持病のある人は注意をと聞いたけど。

   接種前に予診票を記入し、問診を受けます。特定の持病がある人は、その病気を診てもらっている医師に、接種できるかを確認する必要があります。

   例えばどんな病気?

コロナワクチン 注意点は

   予診票にあるのは、心臓病、腎臓病、肝臓病、血液疾患、血が止まりにくい病気、それに免疫不全。事前の通院の際、医師と相談しておきましょう。これらの病気に関連して「治療内容」として服用薬を記入します。お薬手帳を接種時に持参すれば、しっかり確認できます。

   接種後の心配は、副反応だね。

   重いアレルギー反応のアナフィラキシーが話題になってますね。接種してすぐに現れるので、接種後は15~30分経過を観察します。

 注射した所に痛みが出た人が、医療従事者への先行接種では9割に達しました。赤みや腫れ、全身症状では、頭痛や 倦怠けんたい 感もそれぞれ1割程度ありました。ワクチンは2回接種しますが、2回目は副反応が強まる傾向があり、発熱は約3割、倦怠感は約6割の人が経験しています。多くは2日程度で治まります。

 こうした症状は体に免疫ができるための反応と言えますが、2回目の接種の翌日は仕事や活動を休めるようにしておく方がいいでしょう。

 (小屋敷晶子/取材協力=伊藤澄信・順天堂大医学部客員教授、中山久仁子・日本プライマリ・ケア連合学会ワクチンチームリーダー)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事