文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[落語家 三遊亭円楽さん]肺がん(3)リンパ節にも…薬で治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[落語家 三遊亭円楽さん]肺がん(3)リンパ節にも…薬で治療

 2019年7月に見つかった2・5センチの脳転移に対して、ガンマナイフという放射線治療を受けた。ピンポイントで病巣に照射できるので副作用はほとんどないという。1回15分ほどの治療は3日で終わり。ただ、感染を起こしたこともあって、入院は1か月かかった。それでも最後の10日間は外出許可をもらって、国立演芸場の8月の寄席に出た。

 「初日は声がかれたんですけど、脳転移のモヤモヤが消えて、湯水のごとく言葉が出てくるんですよ」。連日、50分の熱演。じっくり聞かせる「 浜野矩随はまののりゆき 」など好きな話を思う存分にやった。落語家の仲間たちも心配で見にきた。

 外出許可がうれしいのは、落語ができるだけではなく、弁当を買って帰れることもあった。「悪いけど、病院の飯、合わなくてね」。退院翌日、20日の千秋楽には仲間たちと祝杯を上げた。「呼吸器の病気だから酒はいいんだよ」

 実は、この時に見つかっていたのは、脳転移だけではなかった。 けい のリンパ節にも二つの転移があった。このため、9月から月に1度の薬物治療が始まった。

 薬の名はキイトルーダ。高額で話題になったオプジーボと同系統の新しい免疫療法の薬で、保険で使えるようになったのは17年から。3か月に1度の検査でリンパ節転移の縮小が確かめられている。

 「病気がいたずらしても、治療法はあるものだね」

落語家  三遊亭円楽(さんゆうていえんらく) さん(71)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事