文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

医療・健康・介護のコラム

皮膚のトラブル(13)思春期のニキビ、1日2回の洗顔を…早期に抑えて痕になるのを防ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  皮膚のトラブルでは、大阪医科大の森脇真一教授(59)に聞きます。(聞き手・東礼奈)

皮膚のトラブル(13)ニキビ 1日2回洗顔を

 ニキビ(尋常性ざ そう )は13歳頃から額や頬、顎のほか、胸や背中にも現れ、皮脂腺が発達する思春期にかけて悪化します。

 皮脂の分泌が盛んになって毛穴が詰まり、皮脂がたまる「 面皰めんぽう 」の状態になると発症します。放置すれば、毛穴で「アクネ菌」という細菌が増殖。炎症を伴う赤い「 丘疹きゅうしん 」や、 うみ がたまる「 膿疱のうほう 」へと進みます。中高生の70%が経験しますが、決して「青春のシンボル」と思ってはいけません。顔に起こるので、性格が内向きになって学校生活に影響することもあります。

 治療は近年かなり進歩しています。外用の抗菌薬に加え、毛穴の詰まりを改善する「アダパレン」、アクネ菌の増殖を抑える「過酸化ベンゾイル」という新タイプの塗り薬も使えるようになりました。症状がひどい場合は一時的に抗菌薬を内服します。

 ただ、抗菌薬の長期使用は、薬剤耐性菌を増やすことにつながるため、避けるべきです。

 治療で大切なのは、炎症を早期から抑えてニキビ痕を防ぐことです。目に見えない小さな面皰などにも対処するため、せっけんで顔の毛穴の汚れや皮脂を1日2回洗い流す習慣を身につけましょう。皮脂の分泌を抑えるビタミンBが豊富な野菜を食べたり、睡眠不足やストレスを解消したりという生活改善にも取り組んでください。

 根気よく治療し、症状が良くなっても皮膚科医の指示に従って通院を続けることが、きれいに治すための近道です。

 一方、見た目がニキビのようでも、マラセチアというカビによる「毛包炎」や、「酒さ」など他の皮膚病ということもあります。ニキビとは対処法が異なるので、正しい診断が重要です。

【略歴】
森脇真一(もりわき・しんいち)
 皮膚科専門医。大阪医科大卒。京都大、浜松医科大などを経て2009年から現職。医学博士。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事