文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

渡辺専門委員の「しあわせの歯科医療」

医療・健康・介護のコラム

コロナ禍で口腔機能が低下、75歳以上の4人に1人、おしゃべりが減って心の健康にも不安……東京・足立区の高齢者5万人調査で判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

外出機会の減少は女性で倍増

 また、「昨年と比べて外出の回数が減っていますか」の質問に「はい」の回答は56.5%で前年から26.0ポイントの大幅増加。特に女性は顕著で64.6%と前年から倍増と、外出自粛の影響がこの調査にもはっきり表れました。そうした生活の変化も関係しているのか、「これまで楽しんでやれていたことが楽しめなくなった」という「うつ」に関連した問いには特に75歳以上で22.7%が「はい」と回答し前年から3.6ポイント増えていました。

おしゃべり機会の減少や孤食が心身に影響

 区地域包括ケア推進課の千ヶ崎嘉彦課長は「コロナによるステイホームの影響で、身体面では意外なことに口腔機能に影響が表れました。ウォーキングや体操など運動は意識して取り組まれているようです。区でも地域のカラオケ講習会など密になる行事は休止したものも多く、人と会っておしゃべりする機会が減り、孤食になり簡単に食事を済ませてしまうということもあるでしょう。心の健康も気がかりなところです」と受け止めています。

 区では、認知や身体、口腔の機能低下が疑われる人に加え、未回答者も含め約2万4000人を対象に訪問指導を行います。口腔機能の低下は栄養摂取の質や量の低下や、高齢者では入院や死亡原因になる 誤嚥(ごえん) 性肺炎につながります。そこで、栄養摂取や運動のアドバイスに加えて、「舌をすばやく突き出す」「口を閉じて舌で左右のほおを押す」「舌で唇の内側を回す」という口の体操も紹介するリーフレットを新たに作成して配布、歯科受診も促すことにしています。(読売新聞 渡辺勝敏)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

★【完成版】しあわせの歯科医療2 300-300

渡辺勝敏(わたなべ・かつとし)
読売新聞記者(メディア局専門委員)。1985年入社。 秋田支局、金沢支局、社会部を経て97年から医療を担当。2004年に病院ごとの治療件数を一覧にした「病院の実力」、2009年に医療健康サイト「ヨミドクター」を立ち上げた。立命館大学客員教授。

渡辺専門委員の「しあわせの歯科医療」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事