文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

都の時短要請、4月21日まで継続で調整…協力金1日4万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は、飲食店などへの営業時間の短縮要請を、4月以降も継続する方向で調整に入った。関係者によると、緊急事態宣言の解除から1か月後に当たる4月21日まで現状と同じ午後9時までの時短営業の要請を続け、応じた店には1日当たり4万円の協力金を支払う方針。埼玉、千葉、神奈川の3県も足並みをそろえる方向といい、24日にも正式決定する。

都の時短要請、4月21日まで継続で調整…協力金1日4万円

東京都庁

 都は21日の宣言解除後も、今月31日までは閉店時間を午後9時に緩和して要請を続けることを決めている。

 都内では3月中旬以降、新規感染者が増加に転じているうえ、4月は花見や歓迎会など会食の機会も多い。都は感染の再拡大防止のためには、4月以降も対策の継続が必要だと判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事