文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

佐藤純の「病は天気から」

医療・健康・介護のコラム

春に増える「うつ」「不眠」 寒暖差、低気圧の接近に注意…予防法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 特定の季節に発生して、季節的流行の形をとったり、死亡率が高くなったりする病気を季節病といいます。春の花粉症、夏の熱中症、秋のぜん息、冬のインフルエンザや狭心症は代表的な季節病です。私が専門としている慢性痛も季節性があって、春、梅雨、秋に悪化しやすくなります。

 春の季節病として忘れてならないのは精神疾患です。寒暖差が激しい日もあるなど、気候も落ち着かない時期でもあります。たとえば、最高気温が低い日、日照時間が少ない日、低気圧の接近日などが、うつ状態の発症頻度を高めるとの報告があります。また、精神疾患の新規入院患者数に関する月別資料に基づく調査では、春先から夏にかけて多くなるとされています。このことは社会的な影響の異なる国でも、北半球と南半球でもほぼ同じであるといいます。

自律神経の緊張が意欲の減退、イライラを

春に増える「うつ」「不眠」 寒暖差、低気圧の接近に注意…予防法は?

 私の気象病外来でも、天候が安定しない春先には痛みが強くなるだけでなく、精神的な不調を訴える患者さんが多くなりますし、うつ病以外では、不眠の患者さんが増えるように思えます。これらのことから、気分障害の発生や悪化と、春特有の気象条件の間に、何らかの因果関係があることは確かでしょう。

 もちろん、社会的、心理的な面からみても、春には新学期、新年度の新しい生活が始まり、新しい人間関係も作られていくことで、変わっていく環境に心と体がまだ慣れていないということがあります。こうした気候と生活環境の激しい変化は、心と体への負担の原因となります。心身への負担は自律神経を常に緊張させることになるので、体調不良や意欲の減退、イライラを引き起こし、うつ病を発症しやすくなってしまうものと考えられます。このような精神的な不調が、間接的に痛みを悪化させることもあり、慢性痛のコントロールを上手に行っていくには精神的なケアも重要であるといえます。

人工的な低気圧でネズミの活動量が低下

 私たちの研究グループは、気象とうつ病の関係について調べるために、動物実験を行ったことがあります。ネズミが溺れないように気をつけながら、水槽の中で泳がせることを繰り返すと、そのうち泳ぐのをやめて、最初からぽかーんと水に浮かんでいることを選択するようになります。人間に置き換えると、ストレスに対して積極的に何もしなくなる「諦め」の状態です。こうして反応が鈍くなったネズミは、慣れない場所に置いても周りに興味を示さなくなり、ストレス刺激に対して逃避行動をとる回数が減ってしまいます。そして、これらの変化は「抗うつ剤」を投与するとなくなって、もとのネズミの活動量に戻るので、「うつ病のモデル」といえます。

 そして、そんなうつ病モデルのネズミを人工的な低気圧の状態に置いたところ、活動量がさらに低下することがわかりました。天気の崩れ(気圧の低下)でうつ病が悪化することを動物実験で再現したことになります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sato-jun_prof

佐藤 純(さとう・じゅん)

 愛知医科大学医学部学際的痛みセンター客員教授。中部大学教授。
 1958年、福岡県久留米市生まれ。東海大学医学部卒業後、名古屋大学大学院医学系研究科で疼痛とうつう生理学、環境生理学を学ぶ。同大学教授を経て、現職。2005年より、愛知医科大学病院痛みセンターにて、日本初の気象病外来・天気痛外来を開設。

佐藤純の「病は天気から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事