文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

医療・健康・介護のコラム

コロナ禍で子供の自殺が過去最多の499人、子供は時に現実よりも空想の世界が大きい……鬼滅は激しい世界と知っておきたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
コロナ禍で子供の自殺が過去最多の499人、子供は時に現実よりも空想の世界が大きい……鬼滅は激しい世界と知っておきたい

 コロナ禍で女性の自殺が増えている件については、すでに、この連載(昨年12月)で述べましたが、子供の自殺も増えていると知って衝撃を受けています。

 今月16日、警視庁が発表したところによると、昨年の小中高生の自殺数は、統計のある1980年以降最多の499人を記録したということです。これは前年比にして、なんと100人も増えたのです。

 この発表より1か月前、文部科学省でも、子供の自殺増を発表しています。それによると、学校別では、小学生14人(前年比8人増)、中学生136人(同40人増)、高校生329人(同92人増)となっています。高校生では、とくに女子が前年の約2倍の138人と急増しています。

家族で過ごす時間が増えたのが原因

 こうした状況は、すでに昨年から指摘されていて、厚生労働省の自殺対策推進室は、その原因について、次のような見解を表明していました。

 「コロナ禍で学校が長期休校したことや、外出自粛により家族で過ごす時間が増えた影響で、学業や進路、家族の不和などに悩む人が増加したとみられる」

 ただし、長期休校、外出自粛、家族で過ごす時間が増えたことが、子供の心にどのような影響を与えてきたのか、子供の心のうちをまだ具体的にはつかめていないように見えます。

 自殺には必ず前兆がある。自殺する子供たちは、自殺前に必ずなんらかのサイン(SOS)を出していると言われています。あとで振り返ってみるとそうなのかもしれませんが、自殺前にサインに気付けないことが多いのも事実です。サインに気付くのは難しいという前提に立って、子供の自殺防止は考えなくてはならないでしょう。

ステイホームで家族の対立が深まった

 この分野のエキスパートである精神科医の 羽藤(はとう) 邦利氏(代々木の森診療所理事長、メンタルケア協議会理事長)に話を聞いてみました。子供の自殺が増えた原因について、羽藤氏は次のように述べます。

 「子供の自殺の急増にコロナ禍が関係しているのは確かです。親の在宅勤務、子供の学校閉鎖、不要不急の外出自粛で、家族全員が同時に家にいる時間が増えたことは子供には相当大きな出来事だったはずです」 

 ステイホームで絆が深まった家族がある一方で、対立が強まった家族があります。「DV」(配偶者などからの暴力)や児童虐待、家庭内暴力の急増などがさまざまな統計データで示されているので、対立が強まった家族が急増しているのは間違いありません。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

死んだ子供より多いきしんだ子供と大人の心

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

自分の経験からいえば、ゲームやネットが親子の対立を深めるのではなく、親子の対立から逃げたくてゲームやネットに費やす時間が増えるのです。因果関係の...

自分の経験からいえば、ゲームやネットが親子の対立を深めるのではなく、親子の対立から逃げたくてゲームやネットに費やす時間が増えるのです。因果関係のベースが逆です。その逃げた子どもたちを理解や、共感ある説得ができない親が、自分のキャパシティーを超えている事を理解あるいは受容できずに、子どもに当たり散らして、因果関係が逆に見えるわけです。一方で、「きしむ」という表現は秀逸だと思います。はかないものが理不尽に壊されようとしているさま。大人でも、受け入れや回復に時間がかかる新型コロナの影響。表面上は元気に振る舞っても、心の奥底には傷痕が残っています。嫌な言い方ですが、セーフティーネットと数字に残る自殺予防の可視化も大事ですが、大人でも可視化や表現が困難な不安やフラストレーションをどのように表に出させてあげるか、あるいは、大人への対策も含めて、重要になるのかもしれません。向き合うことも逃避することも対策です。答えは、それぞれの個人と家族、家族の中にしかありません。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事