文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

ソファに立って歯磨き中の4歳男児が転倒 救急搬送も医師は「経過観察」…別の病院で「頸椎の脇に歯ブラシが」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

様々な議論を起こした割りばし死事故

  事例2 :2013年1月、2歳7か月男児。朝食後、リビングのこたつの上に飲み物が入ったストロー付きコップを置いて、男児が飲んでいるのを母親は見た。その後、母親が離れた場所にいたところ、激しく泣く声を聞き、見に行ったところ、男児が座り込んで泣いていた。姉が「コップを持って歩いていて転んだ」と伝えた。口の中から出血しており、懐中電灯で口の中を見ると、軟口蓋の粘膜がそげてぶら下がっていた。救急外来を受診し、入院して患部を縫合し、3日後に退院した。

 ストローは、コップの底にほぼ固定されている状態で、PET樹脂製のため硬くて曲がらないものでした。ストローの先はコップの蓋から約7.5センチ突き出ていました。この製品の対象年齢は6歳以上とされていますが、それ以下の年齢でも使用される可能性が高いと思われます。予防のためには、軟らかくて簡単に曲がるストローにするとよいと思います。

 事例3:1999年7月10日(土)、4歳9か月男児。午後6時過ぎ、盆踊り大会で割り箸にまきつけられた綿菓子をもらい、口にくわえて走っていた際、前のめりに転倒した。割りばしが軟口蓋に突き刺さり、刺さった時に割りばしは折れ、本人は自力で割り箸を口の中から引き抜いて捨てた。一時的に意識を失ったような状態となったが、すぐに回復した。救急車が要請され、午後6時40分に医療機関に搬送された。医師が口の中を見たところ、傷口は小さく、止血していたため、傷口を消毒して炎症止めの薬を塗り、抗菌薬と消炎鎮痛薬を処方して帰宅させた。その後、本人に異常は認められなかった。翌日の午前7時半、チアノーゼが見られたため、医療機関に搬送されたが、午前9時に死亡した。司法解剖の結果、頭蓋内に長さ7.6センチの割りばし片が残存していたことがわかった。

 この事例は、刑事裁判、民事裁判となり、病院の診断ミス、口にくわえたまま歩かせた保護者の責任、救急医療の不備など、いろいろな議論が起こりました。予防策としては、綿菓子やりんごあめの芯は、割りばしではなくペーパーロールにすればよいと思います。

 これらの事例でわかるように、転んだだけでも重大な事故になる場合があるのです。はさみや、はしやスプーンやフォーク、歯ブラシ、ストロー付きコップ、鉛筆、太鼓のばちなどとがったものを持って転ぶと、顔や目に刺さる危険があります。口に入れたままで転ぶと、口の中に突き刺さることがあります。とがったものを持って歩くことはやめさせましょう。(山中龍宏 緑園こどもクリニック院長)

参考文献:
  1. 東京都生活文化局:子供に対する歯ブラシの安全対策 -東京都商品等安全対策協議会報告書-(2017年2月)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事