文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

看護師、ワクチン接種後に感染確認…コロナ患者の担当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府東大阪市の市立東大阪医療センターは18日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した50歳代の女性看護師について、接種後に感染が確認されたと発表した。

看護師、ワクチン接種後に感染確認…コロナ患者の担当

新型コロナウイルス

 センターによると、看護師は12日に1回目のワクチン接種を受けた。15日以降にせきや頭痛などの症状を訴え、PCR検査で17日に陽性が判明した。接種時に既に感染していた可能性もあるという。

 看護師はコロナ患者の担当。感染経路は不明で、他の職員の感染は確認されていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事