文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「ワクチン休暇」経済界に要請の考え、河野氏「副反応出る可能性もある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 河野行政・規制改革相は14日のインターネット番組で、会社員らが新型コロナウイルスワクチンを接種する際に休暇を取得できるよう、経済界と協議する考えを示した。

 現在は居住地での接種が原則となっているほか、接種後には発熱や腕の腫れなどの副反応が出る可能性もある。河野氏は「接種をする時に『ワクチン休暇』をお願いするとか、副反応の時は休んでくださいということを認めてもらうとか、経済界とも相談していきたい」と述べた。

 ワクチン接種を巡っては、政府は4月12日から65歳以上の高齢者に対する接種を全国で始める方針だ。その後、持病のある人や高齢者施設で働く人、一般へと順次、対象を広げるスケジュールを描いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事