文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

アストラゼネカ製ワクチン、副反応にアナフィラキシー明記を…EU当局が勧告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ブリュッセル=畠山朋子、ジュネーブ=杉野謙太郎】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は12日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスのワクチンについて、重いアレルギー症状のアナフィラキシーを、起こりうる副反応として製品情報に追加するよう勧告した。

 英国での約500万件の接種のうち、アナフィラキシーとみられる41件の報告があったといい、EMAは、少なくともこの一部がワクチンと関係している可能性があると判断した。アストラゼネカの製品情報はすでに、アナフィラキシーの発症を警告として記載している。EMAはワクチンの接種後15分間は経過観察を行うよう、注意喚起した。

 アストラゼネカ製ワクチンを巡っては、接種後に血栓が生じる発症例も報告され、欧州で接種を見合わせる国も出ている。EMAは現時点では接種と発症との因果関係を否定している。

 世界保健機関(WHO)の報道官は12日の記者会見で、アストラゼネカ製ワクチンについて「非常に有効なワクチンだ。利用を続けるべきだ」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事