文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

医療・健康・介護のコラム

制服は着るのに登校できない…原因を知りたがる大人、話さない子ども

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 私たち大人は、思春期の子どもたちのこころに何か不調が生じると、すぐにその原因を探ろうとします。しかし、当初は、子ども自身にも、原因がよくわからないことが少なくありません。それなのに、大人は早く原因を見つけようと必死になり、子どもに根掘り葉掘り聞いてしまうのです。

朝になると腹痛が表れ

制服は着るのに登校できない…原因を知りたがる大人、話さない子ども

 翔太君(仮名)の家は、家族で食堂を経営しています。小中学校を通しておとなしい子でした。

 高校入学後の翔太君は、夏休み明けから、朝になると腹痛を訴えて学校を休み出すようになりました。内科で診察を受けましたが、消化器の異常はありませんでした。そのため、高校1年の10月、お母さんと一緒に思春期外来を受診しました。

 初診時の翔太君は、ほとんど話をしてくれませんでした。お母さんによると、毎朝、制服を着ることはできますが、その後に腹痛が出現してトイレに長時間こもってしまい、出かけられなくなるということでした。

原因探しに熱心なお母さん

 お母さんは、
 「翔太の不登校の原因は、何なのでしょうか。学校で何か嫌なことがあったのかと、何度も聞きましたが、答えてくれません。私は毎朝、欠席の電話を学校にかけることが恥ずかしくてしかたありません。それで、朝は何とか登校させようとして励ましているのですが……」
 と訴えました。

 主治医は、お母さんに対して、翔太君に登校刺激を与えず、今は見守ることが大切であると伝えました。そして、不登校の原因探しにお母さんが熱心になることで、翔太君を追い詰めてしまうことも説明しました。

「一度言われたらわかるのに」

 通院を始めて2か月後がたちましたが、翔太君は登校することができません。しかし、診察室の翔太君は、

 「お母さんはすごくうるさい。毎朝、どうして登校できないのかと、同じことを何度も言ってくる。一度言われたらわかるのに」

 と、お母さんに対する不満を口にするようになりました。

 通院3か月。翔太君の不登校は依然として続いています。高校からは、出席日数や単位が足りないため、進級は難しいという連絡がきました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事