文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

解説・企画

医療・健康・介護のニュース・解説

幽体離脱、風呂に入ると鳥肌が…福島の「封じられた苦しみ」に向き合う精神科医の願い #あれから私は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
メンタルクリニックなごみ

メンタルクリニックなごみ

 午前だけで、4人の患者が「死にたい」と吐露した日もあった。

 その日も、診察室に入ってきた20代の女性がこう切り出した。

 「もう無理。これ以上、生きていられない」

 東京電力福島第一原発の北約45キロ、福島県相馬市のメンタルクリニックなごみ。精神科医の蟻塚亮二さん(73)の元へ、原発を取り巻く相双地区から患者が集まってくる。

診察室で、患者の話を聞く蟻塚亮二さん

診察室で患者の話に耳を傾ける蟻塚亮二さん

 「10年たっても、苦しみが消えたわけじゃない。福島の被災者は、今もぎりぎりで暮らしているんです」

 激しいショックや恐怖を感じた後に発症するPTSD(心的外傷後ストレス障害)。その患者と向き合う蟻塚さんは、福島が、これまでに災害に見舞われたどの地域にも増して過酷な状況に置かれていることを肌で感じている。一人ひとりに心の中で「死ぬな」と呼びかける日々だ。

60年以上たって発症

沖縄戦のPTSDをテーマにした蟻塚さんの著書「沖縄戦と心の傷~トラウマ診療の現場から~」(大月書店)の沖縄タイムス出版文化賞授賞式で。手前左から2人目が蟻塚さん(蟻塚さん提供)

沖縄戦のPTSDをテーマにした蟻塚さんの著書「沖縄戦と心の傷~トラウマ診療の現場から~」(大月書店)の沖縄タイムス出版文化賞授賞式で。手前左から2人目が蟻塚さん(蟻塚さん提供)

 蟻塚さんは、沖縄の病院で働いていた2010年、原因となった出来事から何十年も後にPTSDを発症するケースがあることを発見した。

 不眠に悩む数人の高齢者を診察した際、最初はうつ病を疑ったが、昼間は活発に動ける様子なのが不可解だった。米国の論文で読んだ、ナチスのユダヤ人虐殺を生き延びた人のPTSDによく似ていた。 

 患者たちに沖縄戦の記憶を尋ねてみると、「銃弾が飛び交う中、親に手を引かれて死体を踏みながら逃げた」「妹が撃たれ、はらわたがとび出たまま丸一日うなり続けた後、息絶えた」と、凄惨せいさんな体験を語り出したのだ。

 これまでうつ病や不眠症と診断されていた高齢の患者を調べ直したところ、沖縄戦のPTSDと考えられる人が続々と見つかった。その数、およそ100人。蟻塚さんは、こうした症例を「遅発性PTSD」と名付けた。

1 / 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

解説・企画の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事