文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナ禍の手洗い、アルコール消毒で手荒れ 予防するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

クリームでこまめに保湿

コロナ禍での手荒れ 予防は?
コロナ禍での手荒れ 予防は?

   最近、手のひらと指先が荒れてガサガサなの。

  ヨミドック  新型コロナウイルスの感染を予防するために、手洗いや、アルコールによる手の消毒が習慣になりました。手洗い・消毒で手の皮脂が奪われて乾燥すると、手荒れが悪化します。それで今、子どもから大人まで、コロナ禍の手荒れに悩む人が増えています。

   やっぱりね……。

   手荒れが進んで、ひび割れや傷ができると、そこからウイルスや菌が入りやすくなります。爪の周囲が 化膿かのう して痛む「ひょう 」が起こることもあるんですよ。

   そんなのゴメンよ。どうすればいい?

   ハンドクリームを使って、手をこまめに保湿しましょう。リビングや職場の机など、手の届きやすい所にクリームを置いておきます。手のひらだけでなく、皮膚が薄い手の甲や指先にも入念に塗りましょう。

   ハンドクリーム? ベタベタして苦手なの。

   様々な感触のクリームがありますよ。仕事中はさらっとするもの、家では香り付きでリラックスできるもの――など使い分けてみましょう。男性や子どもが使いやすい無香料タイプもありますよ。夜はビタミンEが入ったクリームを塗り、綿の手袋をして寝ると血流が改善されます。

コロナ禍での手荒れ 予防は?

   試してみるわ。

   紙やパソコンなどモノに触ると、手の皮脂が奪われます。事務作業や家事をする時に、綿の手袋をして手を守るとよいでしょう。

   手洗い直後にアルコール消毒って必要?

   手洗いとアルコール消毒はどちらかで十分。やり過ぎは手荒れにつながります。せっけんで細菌やウイルスを洗い流すのが理想ですが、なかなか手が洗えない外出時は携帯用のアルコール消毒液を使いましょう。手洗いや消毒をしたらすぐ保湿。ハンドクリームも常に持ち歩きましょう。

   手の消毒と保湿をセットにするのがカギね。

   皮膚は定期的に生まれ変わります。1か月間、手の保湿を頑張っても、手荒れが改善しない時は皮膚科を受診してください。保湿剤や炎症を抑えるステロイドの塗り薬で治療できます。

 (西田真奈美/取材協力=野村有子・野村皮膚科医院院長、角谷智恵・資生堂トップビューティースペシャリスト)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事