文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

【独自】政投銀ファンド、設立1年半の医療ベンチャーに異例の出資へ…コロナ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府系金融機関の日本政策投資銀行などは、新型コロナウイルスの感染拡大で疲弊する医療機関の環境改善に取り組む横浜市の医療系新興企業に、1億5000万円を出資する。政投銀が設立間もない企業に出資するのは異例という。

 政投銀が近く設立するファンドが商社などと共同で、横浜市立大付属病院の医師らが設立した「CROSS SYNC(クロスシンク)」に出資する。政投銀は社外取締役を1人派遣する。

 クロスシンクは2019年10月に設立。入院患者の状態を医師や看護師が遠隔で把握できるシステムを開発している。人工知能(AI)を活用して重症化を予測し、患者の容体変化の見落としを防ぐ機能も備える。横浜市立大付属病院で試験的な導入を検討している。

 新型コロナを受け、政府は医療や創薬分野の競争力強化に力を入れている。21年度の財政投融資計画案では、今回クロスシンクに出資する政投銀のファンドに750億円(事業規模3000億円)が充てられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事