文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナワクチン、筋肉注射でもインフルより「痛くない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は5日、新型コロナウイルス患者の対応に当たる医療従事者らを対象としたワクチン優先接種の現場を報道陣に公開した。都内の対象者は約60万人で、そのうち約10万人は3月第2週までに接種が行われる。高齢者向けの接種は、4月12日の週から世田谷区などで始まる見通しだ。

コロナワクチン、筋肉注射でもインフルより「痛くない」

ワクチンの接種を受ける都立駒込病院の神沢院長(左)(5日、文京区で)=代表撮影

 接種の様子が公開された文京区の都立駒込病院では、医師や看護師ら10人が問診を経て、上腕部に筋肉注射を受けた。最初に接種した神沢 輝実てるみ 院長は「インフルエンザワクチンより痛くなく、違和感もない。接種が進めば院内感染はかなり防げるのではないか」と語った。同院では10日までに、コロナ患者を担当する医師や看護師ら約2000人が順次接種を受ける。

 都内では4月から65歳以上の高齢者約300万人を対象とした優先接種が始まり、会場となる都内の医療機関などに約4万4000回分のワクチンが届く見通しだ。都などによると、都は高齢者人口の多い区市から順にワクチンを配分する予定で、4月5日の週に区部で最多の世田谷区と市部で最多の八王子市にそれぞれ約2000回分が届けられ、接種は同12日の週から始まる見通しだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事