文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

相撲協会、春場所前も全協会員対象にPCR検査実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本相撲協会は5日、春場所(14日初日・両国国技館)を前に、力士や親方、行司ら全協会員を対象にした新型コロナウイルスのPCR検査を初場所前に続いて実施すると発表した。

 11日までにすべての検査結果が判明する見通しで、協会執行部が感染症専門家の意見を踏まえ、出場可否など対応を検討する。初場所前の検査では、感染者が出た部屋の力士全員が休場する対応がとられ、初日から力士65人が休場した。

 また、今場所は新弟子らによる前相撲を実施しない方針も明らかにされた。卒業式で出身地に帰省するケースが多く、感染防止を優先させた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事