文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

子どもは0.5秒で転倒 見守っていても間に合わない…防ぐには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 子どもは、転んだり、落ちたりして、ケガをすることがよくあります。医療機関を受診する事故の中で、最も頻度が高いのが転倒・転落です。今回は、転倒についてみてみましょう。

子どもは0.5秒で転倒 見守っていても間に合わない…防ぐには?

イラスト:高橋まや

人はなぜ転ぶのか?

 事故による傷害が発生するのは、人の生活機能が変化するからです。どういうことか、ご説明します。

 子どもは、昨日できなかったことが、今日、できるようになります。昨日まで歩けなかった子どもが、今日、歩くようになり、筋力や平衡感覚が未熟なために転ぶのです。高齢者は、昨日までできたことが、今日、できなくなります。昨日まで足が上がっていたのが、今日、足がうまく上がらず、段差につまずいて転ぶのです。小児や高齢者に転倒が多発しているのは、そういう理由です。

 継続的に得られるデータとしては、死亡統計と救急搬送のデータがあります。人口動態統計(2018年)によれば、転倒・転落による子どもの死亡は、0歳(1人)、1~4歳(7人)、5~9歳(1人)、10~14歳(3人)、15~19歳(15人)となっており、これらの数値は毎年、ほとんど変わっていません。死亡するのは、転落によるものが多いと思われます。

 重症度が高い転倒については、「救急車で搬送した転倒」のデータがあります。東京消防庁の 「救急搬送データからみる日常生活事故の実態」年報(2018年) を見ると、救急搬送人員は、年間約13万4000人(2014年から18年の5年間の平均)で、年齢層別に見ると、乳幼児と高齢者が多くなっています。18年の事故を月別にみると、7月が最も多く、次いで8月、12月、1月の順となっています。発生場所は、住宅等居住場所が51%、道路・交通施設が28%でした。

 事故の種類別には、転倒が56%、転落が11%で、この二つで全体の3分の2を占めています。この中の「転倒」について見てみると、搬送人員の総数は8万1338人でした。年齢層は、0~4歳2233人、5~9歳1221人、10~14歳936人、15~19歳693人と、乳幼児が多くなっています。9歳以下では約3分の1、10歳代では約4割を転倒が占めていました。

0歳は抱っこしていた人の転倒

 乳幼児の場合、発生場所で最も多いのは居室です。0歳は抱っこしていた人の転倒によるものですが、1歳から5歳では、転倒して机やテーブル、椅子などの家具にぶつかっています。小学生は、運動施設、道路、階段、公園、スケートボードの順でした。中学生、高校生になると、運動中の事故が多くなり、発生場所は、運動施設、階段、道路、スケートボード、ハードルの順です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事