文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

詠んで生きる・がん<5>残された歌 家族を結ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 歌人の 河野かわの裕子ゆうこ さんが乳がんで亡くなった2010年夏、自宅の病室で夫の永田和宏さん(73)は、ティッシュペーパーの箱に薄く文字が書かれていることに気づいた。見れば、薬袋や封筒などベッド周辺の様々な紙類に書き付けてある。河野さんが残した歌だった。

2008年に長男の淳さんが撮影した河野裕子さん

2008年に長男の淳さんが撮影した河野裕子さん

自宅で思い出を語る永田和宏さん(京都市で)

自宅で思い出を語る永田和宏さん(京都市で)

 筆圧が弱かったり、薄かったりして読みにくいものも多い。長男の淳さん(47)、長女の こう さん(45)と一緒に判読した。全員が歌人という家族ならではのことだ。

 文字を追い、確かめながら、亡くなった人の思い出を語り合う。「これが河野が望んでいたことだ」と永田さんは感じた。「そのために、我々に向けて歌を作って、あちこちに残しておいたのではないだろうか。必ず拾い集めてくれると信じていたのだとも思う」

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事