文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

1都3県の緊急事態宣言、2週間延長を決定へ…首相「国民に協力頂ければ収束に向かう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 政府は5日、新型コロナウイルス対策として東京都と埼玉、千葉、神奈川3県に発令している緊急事態宣言の再延長を決定する。7日までの期限を21日まで2週間延ばす方向だ。対策を続けて感染再拡大の可能性をさらに低減させ、宣言の解除に臨む。

1都3県の緊急事態宣言、2週間延長を決定へ…首相「国民に協力頂ければ収束に向かう」

 菅首相は4日の参院予算委員会で、「感染症を抑え込むために大変重要な局面にある」と述べ、再延長の必要性を強調した。「2週間程度、国民に協力を頂ければ、収束に向かうことが出来るのではないか」との見通しも示した。

 政府は5日、専門家でつくる基本的対処方針等諮問委員会に再延長の案を提示する。諮問委が案を妥当と判断すれば、同日夕の衆参両院の議院運営委員会に再延長の方針を事前報告し、夜の政府対策本部で正式に決定する。

 政府内や専門家には、4都県の病床使用率の改善が十分ではなく、対策を継続する必要があるとの意見が根強かった。政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は4日の参院予算委で「首都圏はリバウンド(再拡大)の可能性がほかの地域より高い。延長の方向性は正しい選択だ」と評価した。

 首相は5日の再延長決定に合わせて、首相官邸で記者会見を開き、国民に向けて対策の徹底などを呼びかける予定だ。

 今回の緊急事態宣言は1月7日に発令され、2月に1か月延長された。再延長されれば、昨年4~5月に発令された宣言を含めて初めてとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事