文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

わらにもすがる思いです。自費診療で免疫療法を受けさせてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
わらにもすがる思い。自費診療で○○療法を受けさせてください

イラスト:さかいゆは

 以前も書きましたが、残された抗がん剤の選択肢を、手元のトランプのカードのように数え、「最後の1枚を使い終えたらゲームオーバー」、という感覚を持っている患者さんがおられます。その1枚のカードが希望のすべてであって、たとえ、それが助けにならなくても、すがりつくしかない、という感覚です。

 「おぼれる者はわらをもつかむ」ということわざがありますが、実際に「わらにもすがる思い」とおっしゃる患者さんは、多くおられます。

高額のお金をつぎ込む患者も

 「免疫療法」には、有効性が証明され、保険診療で行われるものもあります。一部のがんに対する「免疫チェックポイント阻害薬」を用いた治療です。しかし、クリニックなどで行われている自費診療の「免疫療法」は、有効性が示されておらず、国の承認も得ていません。がんに効果があるかのように宣伝され、自費診療で行われている「○○療法」は、そのほかにもいろいろとありますが、これらは、科学的に有効だという証明はされていません。おぼれている患者さんを救うことにはなりませんので、まさに「わら」なのですが、そんな「○○療法」に高額のお金をつぎ込む患者さんもおられます。

 効果があると信じている方も、効果がないことはわかっていながらすがりつかずにいられないという方もおられます。たとえ効かなかったとしても何かをしていたい患者さん、どんなに費用がかかっても患者さんのために尽くしたいご家族、そして、そんな患者さんやご家族の気持ちにつけこんでビジネスを展開するクリニック。この構図の中、○○療法を行うクリニックの売り上げは増える一方で、切羽詰まった患者さんは、多くの場合、希望を満たされることのないまま、振り回され、さまよっているようです。

「いつでも帰ってきてくださいね」

 「もうこれ以上、治療法はありません」と言われ、それでも希望を見いだしたくて、医療機関を渡り歩く患者さんは、「がん難民」と呼ばれることがあります。近年、自費診療でいろいろな治療を提供するクリニックが増え、がん難民の受け皿が広がったようにも見えますが、どんなに選択肢が増えても、患者さんの切羽詰まった気持ちが満たされなければ、がん難民は救われません。「選択肢が増えたせいで、かえってがん難民が増えているのではないか」と感じることもあります。

 私も患者さんから、「○○クリニックの○○療法を受けたい」と懇願されることがあります。「○○療法が有効であるという根拠はなく、費用も高く、お勧めできない」と説明するわけですが、それでも受けたいという場合には、紹介状を書いて、送り出すこともあります。そんなとき、「自己責任で行くのだから、あとはどうなっても知りませんよ」と見放すような医者もいるようですが、私は、「うまく行かなかったら、いつでも帰ってきてくださいね」と声をかけるようにしています。こうしたクリニックでは、緊急時の対応や緩和ケアはしてくれないことも多く、患者さんを継続してきちんと診ていく医療機関は必要なのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事