文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」

 大切な人を看取(みと)るとき、人は何を思い、看取りは、残された人々にどんなチカラを与えてくれるのか。後悔しない看取りについて、現役の病院看護師、後閑愛実さんが、ゆきさん作画の漫画と文章でつづります。

医療・健康・介護のコラム

「看取りのチカラ」第12話 自ら命を絶った入院中の患者 残された者の思いとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

コロナ禍で自殺者が増えている世の中で 困ったときには相談を

 2020年の自殺者数は2万919人(速報値)。コロナ禍の影響か、女性や子どもが大幅に増えたのをはじめ、全体でも11年ぶりに前年を上回りました。実際には、自殺者数の10倍はギリギリ死ななかったけど、死のうと考えた人がいると言われています。私も病院で、自殺未遂で運ばれてくる人や、助かったけど後遺症で苦しんでいる人たちに何度も会ったことがあります。自殺を図った場合の医療には、保険が原則ききませんので(精神疾患による場合を除く)、家族には自費の請求がいきます。助かったけど家族に縁を切られ、行き場がなく寝たきりで何年も病院にいた人もいました。

 見通しの立たないコロナ禍で、特に子どもと女性で自らの命を絶つ人が急増しています。もし、あなたがしんどくて悩んでいたら、相談できる場所があります。相談方法もいろいろあるので、あなたが相談しやすい窓口でお話ししてみてください。

 困ったときの相談方法・窓口(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/mamorouyokokoro/soudan/

 心のダメージが蓄積していくと、心理的に追い詰められ、自ら命を絶つしか選択肢がないような気持ちになることがあります(「希死念慮(きしねんりょ)」といいます)。本人ですら自分の異変に気づけないこともあるため、周りがその異変に気づくことが大事であると言われています。でも、止めようと思っても、必ず止めることができるわけではありません。

 今、この瞬間にも自ら命を絶っている人がいて、その何倍もの周りの人たちが傷ついています。「あの時自分が気づかなかったから」とか、「気づいていたけど何もできなかった」などと、傷ついている人に少しでも寄り添うことができたらとの思いから、この記事を書いています。あなたも困っていたら、助けを求めましょう。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

mitorinochikara

後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」
後閑愛実(ごかん・めぐみ)

原案・執筆 後閑 愛実(ごかん・めぐみ)
看護師
 群馬パース看護短期大学卒業後、2003年より看護師として病院に勤務。1000人以上の患者と関わる中で、様々な患者を看取(みと)る。看取ってきた患者から学んだことを生かし、看護師をしながら、13年から看取りの際のコミュニケーション方法について、研修や講演を通して伝えている。著書に「後悔しない死の迎え方」(ダイヤモンド社)。「終活!送る人、送られる人もホッと満足できる本」(明日香出版社)がある。

ゆき味(ゆきみ)

作画 ゆき味(ゆきみ)
マルチクリエーター
 2017年、多摩美術大学卒業後、フリーの作家として、立体造形・映像作品・グラフィックデザイン・漫画制作を中心に活動。漫画やイラストの制作、MV制作、オリジナルキャラクターグッズ、広告やパッケージのデザインなど、幅広い制作を手がける。「まんがでわかるはじめての看取りケア」作画担当。NPO法人さかうえのプロモーション動画「加部安の時計~天明の祈り~」制作、編集担当。19年、YouTubeに「ゆき味アートチャンネル」を開設。

後閑愛実&ゆき味「看取りのチカラ」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事