文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.記事アーカイブ

yomiDr.記事アーカイブ

トロッコ押し国境の鉄橋超え、北から露の外交官一家ら8人帰国し「万歳」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【モスクワ=田村雄】ロシア外務省は25日、 平壌ピョンヤン 駐在の露外交官がトロッコを押して対露国境地帯の橋を渡り、25日に帰国した際に撮影されたとする動画を、SNSに公開した。北朝鮮は新型コロナウイルス対策として、国境をまたぐ交通を止めている。

 動画では、男女各1人の大人が、いくつものスーツケースを載せたトロッコを押している。国境地点とされる場所を越える際には「ロシアよ、歓迎して。万歳」と歓声を上げる。車上には子どもの姿も見える。

 露外務省によると、一行は外交官と3歳の女児を含む家族ら計8人で、動画は露朝間の鉄道橋の線路で撮影された。8人は平壌からの列車に32時間、さらにバスに2時間乗って、国境近くまで来た。露側のハサン駅に着くと、露外務省職員の出迎えを受けた。

 この外交官について露外務省は、定期的な人事異動で帰国したのか、それとも急きょ退避したのかなど、出国の理由を明かしていない。北朝鮮は1年以上前から対露、対中国境を封鎖し、「国内の新型コロナ感染者はゼロ」と宣伝している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yomiDr.記事アーカイブの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事