文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

メディカルトリビューン

メディカルトリビューン

脊髄損傷者の上肢機能は健常者より優れる 筋力調節能力が特異的に高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 これまであまり検討されていなかった脊髄損傷後の上肢運動機能の変化が明らかになった。東京大学大学院総合文化研究科教授の中澤公孝氏らは、脊髄完全損傷者の上肢における筋力調節(力調節)能力を調査した結果、他疾患による車椅子使用者や健常者と比べ特異的に高いことを見いだした。研究の詳細はNeurorehabil Neural Repair( 2021年1月29日オンライン版 )に掲載されている。

運動感覚統合や四肢の姿勢感覚を担う上頭頂小葉の容積が肥大化

脊髄損傷者の上肢機能は健常者より優れる 筋力調節能力が特異的に高い

※画像はイメージです

 これまで脊髄損傷者を対象とした研究では、歩行能力の再獲得や麻痺肢の回復といった、損傷部位以下の身体(下肢など)に関するものが大半であった。そこで中澤氏らは、損傷部位より上位の残存機能、特に上肢運動機能の変化を明らかにする目的で検討を行った。

 検討対象は、スポーツ経験のある脊髄損傷者8人(完全損傷7人、不全損傷1人、損傷部位は胸髄以下)、健常者10人で、力調節課題実施中の脳活動を機能的MRI(fMRI)で測定した。なお力調節課題は、ある一定の目標ラインと、握力センサーの出力の2本の線が表示されているモニターを見ながら握力センサーを握り、目標ラインに対し握力をなるべく正確に合わせる形式で実施した。

 また、脳容積をT1強調画像、活動領域(第一次運動野や上頭頂小葉など)の結合性を安静時fMRIにより測定した。

 その結果、脊髄損傷者の力調節能力は健常者より高く (図) 、課題実施時における脳の一次運動野の活動量(少ないほど神経伝導が高率化している)は健常者より少ないことが分かった。

図.脊髄損傷者と健常者(検討対象のうち各1人)の力調節能力

脊髄損傷者の上肢機能は健常者より優れる 筋力調節能力が特異的に高い

   ※波形の乱れが少ないほど力調節能力が高い  (東京大学プレスリリース)

 こうした現象は、プロの演奏家やスポーツ選手のような熟練者に見られる神経系の発達を示す特徴の1つであるという。

 また健常者に比べ脊髄損傷者では、視覚野に対する依存度の低下が見られ、安静時fMRIで評価した運動野-上頭頂小葉間の機能的結合性が高く、上頭頂小葉の容積が肥大していることも明らかになった。

残存機能を最大限引き出せれば、健常者以上の技術や成果も

 今回の研究結果について、中澤氏は「脊髄損傷者は、特異的に高い上肢運動機能を発揮しやすい性質を有している点が判明した」と説明。加えて、「残存した上肢機能の潜在能力を最大限に引き出せれば、スポーツや社会生活において、健常者がなしえない技術やパフォーマンスを生み出せる可能性も示された」と述べている。

 さらに同氏は「今後は、障害者でしか発揮できない能力があることを神経学的な根拠に基づき明らかにし、次世代型共生社会の創生に貢献していきたい」と展望している。(陶山慎晃)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

medical-tribune-logo

メディカルトリビューン
メディカルトリビューン はこちら

メディカルトリビューンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事