文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

大阪市、宣言解除後も時短要請を継続へ…「酒提供する店」は午後9時まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪府は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除された場合、府内全域の飲食店に実施している営業時間の短縮要請を、大阪市に限って継続する方針を固めた。現在は午後8時までの営業時間は午後9時までに緩和し、居酒屋など酒を提供する店に絞る。

大阪市、宣言解除後も時短要請を継続へ…「酒提供する店」は午後9時まで

 期間は解除後2~3週間を想定している。

 兵庫県は宣言が解除された場合、時短要請は午後9時までに緩和したうえで3月7日まで県内全域で継続。京都府は近く対応を決める。

 要請に応じた店に支給される1日6万円の協力金について、大阪、京都、兵庫の3府県は宣言解除後も1日4万円を上限に支給できるよう国に要望している。

 協力金の金額は店の規模にかかわらず一律で、大規模事業者から「不公平」との不満が出ており、大阪市は家賃に応じた額を市の負担で協力金に上乗せする。金額は1日1万~3万円となる見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事