文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

パラアスリートの挑戦<3>親子の生きがい「金」狙う…河本圭亮さん(ボッチャ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 名古屋市の河本圭亮さん(21)(東郷町施設サービス)は2019年12月、東京パラリンピック代表選考を兼ねたボッチャ日本選手権で3連覇を果たし、代表に内定した。「金メダルを獲得したい。今は最大限の準備をしている。ボッチャの魅力を伝えたい」。初のパラリンピックへ向け、言葉に力を込めた。

パラアスリートの挑戦<3>親子の生きがい「金」狙う…河本圭亮さん(ボッチャ)

2019年12月の日本選手権で優勝した河本圭亮さんと母親の幸代さん

 双方が6球ずつ投げ、目標球にどれだけ近づけられるかを競う競技。脳性まひや四肢の機能障害を持つ重度障害者のために考案され、日本は16年リオデジャネイロ・パラリンピックで銀メダルをつかんだ。

 河本さんは幼少期に、難病の「筋ジストロフィー」を患っていることが判明した。母親の幸代さん(50)は、「走るのが遅かったりはしたが、歩けるようになり、走れるようになり、ゆっくりでも成長は感じていた」と振り返る。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事