文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[生殖補助医療の法整備]<4>代理出産「道閉ざさないで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「おばあちゃんから生まれてきたんだ」

 関東地方に住む小学5年生の飯島海斗君(11)は、両親の受精卵によって、祖母から生まれた。「生まれ方がみんなと違ってもいい。それが僕だから」と、笑顔を見せる。

 母の夏美さん(39)は、1歳の時に腫瘍が見つかり、子宮を全摘出した。結婚前、夫の達也さん(54)にそのことを伝えると、「誰でも事故や病気で産めない体になる可能性はある。2人で笑って暮らせればいい」と言ってくれた。

 「私に産ませてほしい」。結婚後、夏美さんは母の阿部陽子さん(65)から想定外の提案をされた。夏美さんは卵巣で卵子を作れるため、代理出産で子どもが持てる可能性がある。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事