文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

抗がん剤をあきらめたら、あとは死を待つだけですか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
イラスト:さかいゆは

イラスト:さかいゆは

がんをめぐるイメージが患者を苦しめている

  前回のコラムで、「治療は単なる道具」だと書きました。でも、「治療こそが希望のすべて」だと思いつめ、治療にすがりついてしまう患者さんも多くおられます。治療をあきらめることは、希望を捨てることであり、「死」を意味するものだというイメージもあります。

 私は、がんそのものだけでなく、むしろ、それ以上に、このイメージが患者さんを苦しめているのではないかと思っています。「抗がん剤をあきらめたら、死を待つだけ」と思わせてしまうくらい、このイメージは、患者さんの心に根深く影響しているようです。

 がんという病気は、「悪」「忌み嫌う相手」「闘うべき敵」であり、それを制御できないことは、「敗北」「不幸」「絶望」というイメージにつながります。そこから逃れようと、治療に「希望」を見いだして、勝負を挑み続けるという構図が生まれています。

 どんなにつらくても、抗がん剤を続けることに希望があり、抗がん剤をやめることは絶望で、抗がん剤をやめたあとに仕方なく受ける「緩和ケア」は絶望の医療だというイメージです。

「緩和ケア」は絶望の医療だというイメージ

「絶望の壁」なんて本来は存在しない

  実際、「もう使える抗がん剤はないので、緩和ケアに移行しましょう」という説明をする医者もいて、それを聞いた患者さんは、一緒に闘ってくれていた医者から見捨てられ、「絶望の壁」の向こう側に追いやられてしまったように感じます。

 それでも「何か治療はないのか」と、他の医療機関を受診したり、自費診療のクリニックで高額な治療を受けたりする患者さんも多く、そうやって、治療を求めてさまよい歩く患者さんは、「がん難民」と呼ばれることもあります。

 あきらめきれない気持ちを抱えながら、緩和ケアに追いやられる患者さんがいる一方で、一部の達観した患者さんは、抗がん剤をやめる決断をして、死を受け入れ、緩和ケアという特別な医療を進んで受けようとします。

 いずれの場合でも、抗がん剤をやめるということは、重大な決断であり、後戻りできない人生のターニングポイントであり、そこには、希望と絶望を分ける「絶望の壁」があり、壁の向こうには、特別な医療、あるいは、絶望の医療としての「緩和ケア」が待っている、という構図になっています。

 でも、「絶望の壁」なんていうのは、イメージが作り出したものであって、本来存在しないものです。「絶望の壁」のイメージから抜け出ることができれば、がんの患者さんは、もっと楽に過ごし、もっと自分らしく人生を送り、もっと上手に抗がん剤や緩和ケアを活用できるのではないか、と私は思っています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

最新記事