文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」

医療・健康・介護のコラム

[最終回]皮膚疾患を巡る意外なエピソードに読者から反響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[最終回]皮膚疾患を巡る意外なエピソードに読者から反響

 こんにちは。皮膚科医のえんどこです。

 2019年2月から担当してきたこのコラムも今回が最終回となりました。ふと思い返してみても、あっという間でした。最後にせっかくなので、この2年間を振り返ってみたいと思います。

アトピー、どれほどかゆいのかは爪でわかる

  第1回では、皮膚疾患として知らない人はいないアトピー性皮膚炎を取り上げました。「爪を見ればわかる」という話でしたが、おおむね好評なご意見とご評価、そして患者さんからも「へえ~。でも自分もそうだったなあ」と同調していただきました。

 第2回は、じんましんでした。「ハクション大魔王」が数字アレルギーでじんましんが出るように、定期テストの期間が来ると激しいじんましんが出て、どう治療しても、びくともしないのですが、試験期間が終わると自然に治る少年の話でした。

 その後の 蒙古(もうこ) 斑の回では、「虐待」がキーワードになってしまったのか、アクセス数が跳ね上がってしまい、驚きました。蒙古斑は欧米にはほとんどいないため、虐待によるものではないかと疑われたという話です。

自分が手足口病になり、歩くのもやっと

  自分が手足口病になり、歩くことすらやっとというほど苦しい思いをした話はさておいて(2019年は手足口病がとても 流行(はや) りました)、読者の皆さんが興味を持って下さったのは「病気の語源、由来」についてでした。なぜ、 足白癬(あしはくせん) のことを「水虫」というのか? 「たむし(田虫)」というのか? 自分もそれなりに知っていましたが、あらためて勉強してよかったです。

 その他、手足にできる「いぼ」「うおのめ」についても書きましたが、「たこ」についてははっきりしませんでした。ただ、そこから、海にいるタコ(蛸)が足が多いことから「多股では?」という説や、「ところで蛸はなぜ虫へんなんだ?」という疑問から、「蛇もハ虫類なのに虫へん、 蝙蝠(こうもり) に至っては哺乳類なのに虫へんだぞ?」という話にとんだのは、皆さんも興味があったようで、むしろ好意的なご意見をいただいました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190219-kendo-prof200

遠藤 幸紀(えんどう・こうき)
皮膚科医。東京慈恵会医科大学皮膚科講師。乾癬かんせんという皮膚疾患の治療を専門とし、全国の乾癬患者会のサポートを積極的に行っている。雑学やクイズに興味があり、テレビ朝日「Qさま!!」の出場歴も。

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事