文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ファウチ氏、東京五輪開催へ感染対策の「ガイドライン作成」要望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=横堀裕也】米バイデン政権のアンソニー・ファウチ首席医療顧問は12日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックの開催に向け、日本政府が新型コロナウイルス感染対策のガイドライン(指針)を作成することが望ましいとの考えを示した。

 ファウチ氏は、「自国民だけでなく、日本を訪れる多くの人々の安全を確保するため」と説明し、ガイドラインには、マスクの着用や検査方法、移動制限といった措置を盛り込むべきだと指摘した。

 五輪開催の可否については、「世界と日本の流行状況による。決断を下すのは日本だ」と話すにとどめた。

 出場選手へのワクチン接種を優先すべきかとの問いに対しては、「ワクチンの供給状況による」としつつ、「選手村で集団行動をする選手の間で感染が広がる事態を防ぎたいということであれば理解できる」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事