文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナ感染者、発症から3~6か月は抗体維持…東大研究チーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスに感染した人は、ウイルスを攻撃する抗体が発症後3~6か月維持されていると、東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)らの研究チームが発表した。論文が国際臨床医学誌(電子版)に掲載された。

 新型コロナ感染後に抗体が維持できる期間は、ワクチンの長期効果や再感染の有無、集団免疫ができるかなどに関わるため、世界的に関心が集まっている。

 チームは、軽症、中等症、重症の感染者計39人の血液を継続的に調べた。その結果、平均して発症後20日目頃に抗体の量がピークに達し、その後は減少傾向を示した。軽症者は重症者に比べて抗体の量が少ない傾向があったが、発症後2か月以降は差が小さくなったという。

 河岡教授は「どのくらいの抗体があれば、感染を防御できるかは注視する必要がある」と話している。

 長崎大の安田二朗教授(ウイルス学)の話「時系列を追って詳細に抗体量などのデータを収集するのは重要で、今後の対策にも生かされる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事