文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

yomiDr.記事アーカイブ

yomiDr.記事アーカイブ

バイデン大統領、「香港」「ウイグル」指摘し中国けん制…習近平主席と初の電話会談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=蒔田一彦、北京=中川孝之】米国のバイデン大統領は10日、中国の 習近平シージンピン 国家主席と電話で会談した。米中首脳の会談はバイデン氏の大統領就任後、初めて。バイデン氏は同盟国と連携しながら、中国が影響力を強めているインド太平洋地域の秩序を守っていく方針を示した。中国の人権問題や不公正な経済慣行について懸念も伝えた。

バイデン大統領、「香港」「ウイグル」指摘し中国けん制…習近平主席と初の電話会談

習近平中国国家主席(ロイター

id=20210211-249-OYT1I50034,rev=6,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

バイデン大統領(ロイター)

 ホワイトハウスによると、バイデン氏は米国民の安全や繁栄、健康を守ることと共に、「自由で開かれたインド太平洋」を維持することが政権の優先課題だと強調した。中国の具体的な問題行動として、香港での住民弾圧や、新疆ウイグル自治区での少数民族の人権侵害のほか、地域内で台湾などに対して「独断的な行動」を強めていることを挙げた。

 経済分野では、強制的な技術移転などを念頭に、「威圧的で不公正な経済慣行」に懸念を表明した。

 中国外務省によると、習氏は「中米が対抗すれば両国と世界の災難となる」と述べ、関係改善を呼びかけた。外交や通商などの分野での対話の枠組みを新たに構築し、「互いの政策意図を正確に理解して、誤解を避けるべきだ」と訴えた。香港や台湾の問題については「中国の内政だ」と反論した。

 両首脳は、新型コロナウイルスへの対応や気候変動についても意見を交わした。バイデン氏は、米国や同盟国の利益となる場合には、中国と「実務的かつ結果志向の関与」を目指すとして、協力する考えも示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yomiDr.記事アーカイブの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事