文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[歌手 今陽子さん]狭心症(1)土砂降りの中、激痛でうずくまり…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[歌手 今陽子さん]狭心症(1)胸の激痛に うずくまる

 早朝から、台風15号が首都圏を記録的な暴風雨に巻き込んでいた。

 2019年9月9日。

 目が覚めたときから、体調がすっきりしなかった。胸に痛みが走り、同居中の母親の朝食を準備している間にも、それはどんどん悪化していった。

 ただごとではない。病院に行かなければ――。

 92歳の母親には認知障害がある。「心配しないで、待っていてね」とだけ伝え、理解されたかどうかも確かめず、自宅を飛び出した。

 外は土砂降り。タクシーは一台も通らない。やがて激痛に襲われて、その場にうずくまってしまった。

 途方に暮れていたら、近くの交番が目に入り、ようやく「救急車を呼べばいいんだ!」と当たり前のことに気づいた。それほど頭が混乱していた。

 やっとの思いで病院に搬送された。「狭心症で細い血管が詰まりかけている。すぐに手術すれば大丈夫」という医師の言葉に安心はしたものの、すぐに心配が追いかけてきた。

 一つは自宅に母親を残してきたこと。もう一つは直近の仕事だった。

 翌日には、京都・舞鶴港に移動しなければならない。クルーズ客船「飛鳥」での海上ライブがある。自分のステージを目当てに、大勢のファンが船のチケットを買ってくれていた。

 絶対、穴はあけられない。

歌手 こん  陽子ようこさん(69)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事