文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

[思春期の側彎症]<1>「姿勢悪いだけ」疾患見逃す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 西日本の大学に通う原 安祐美あゆみ さん(23)は、小学校に入った頃から、両親に「姿勢が悪い、猫背を直しなさい」と注意され続けていた。高学年になると、胸の下の付近が時々痛むようになった。「心臓か内臓の病気かも」と心配していたが、両親からは「神経質なんだから」と、たしなめられるだけだった。

[思春期の側彎症]<1>「姿勢悪いだけ」疾患見逃す

小6当時の原さんのエックス線画像。胸の部分の骨が大きく右に湾曲している

 小学6年になった2009年には、痛みに耐えられなくなり、母親と一緒に外科クリニックを訪れ、いくつか検査を受けた。異常は見つからなかったが、背中に聴診器を当てられた時、医師に「あれ、背骨が消えた?」と驚かれた。「『 側彎そくわん 症』かもしれない」。そう言われ、別の総合病院を受診するよう勧められた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事