文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

残された犬(上)高齢で一人暮らしの飼い主が亡くなり、一歩間違えれば餓死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
一人暮らしの高齢の飼い主が亡くなり、ホームの飼い犬になったジロー

一人暮らしの高齢の飼い主が亡くなり、ホームの飼い犬になったジロー

 2019年12月11日、ミニチュアダックスフントのジローが死にました。推定年齢は14歳でしたが、おそらく推定よりはかなり年上だったと思われます。ミニチュアダックスフントの平均寿命は14.7歳(アニコム損害保険会社による調査、2016年発表)ですから、大往生だと言えるでしょう。

 ジローがうちのホームにやって来た経緯は、まさに現代社会の高齢者とペットの問題を象徴していました。

身寄りがない飼い主が急逝

 ジローは、一人暮らしの高齢者に飼われていたのです。当時の様子を知っているケアマネジャーによると、大変かわいがっていたそうです。それは、穏やかで人なつこい性格や、ホームに来た時の太り具合からもわかりました。きっと、幸せに暮らしていたのでしょう。しかし、ある日、その幸せな生活が突然打ち切れられてしまいます。飼い主の高齢者が急逝してしまったのです。この高齢者には身寄りがなく、ジローはただ一匹、取り残されてしまいました。

 ちょうど同じ時期、読売新聞の地方版(湘南版)に、亡くなった高齢者の家で半年後に、餓死していた犬の遺体が見つかったというニュースが掲載されていました。おそらく同じような出来事は、全国で多々起きていると思います。ジローも一歩間違えれば、同じ運命をたどっていたかもしれません。

ケアマネジャーがボランティアで餌や水やり

 幸いジローは、飼い主の高齢者を担当していたケアマネジャー(自宅で暮らす高齢者の相談援助をする専門職)が面倒を見てくれました。ケアマネジャーは高齢者が亡くなった後、毎日、高齢者の家に通ってジローに餌や水をやり、トイレの掃除をしていたのです。これはもちろん、ケアマネジャーの職務ではありません。ケアマネジャーは純粋なボランティアでジローの面倒を見てくれていたのです。

 そのケアマネジャーは、私の法人が経営する在宅介護施設さくらの里のスタッフでした。ケアマネジャーは私のところにきて、ジローの相談をしました。幸運なことに、その時、やはり、私の法人が運営する特別養護老人ホームさくらの里山科(※名前がややこしくて、すみません。「さくらの里山科」は特別養護老人ホーム、「さくらの里」は在宅介護施設です)で、犬の入居枠には空きがあったので、すぐにジローを保護することができました。こうして、ジローはホームの入居犬になったのです。

飼い主が認知症で犬の正確な年齢は不明

 当時のジローの推定年齢は10歳。ホームのかかりつけの獣医さんに推定してもらいました。皆さんは、「なぜ飼い主が分かっているのに推定なのか」と不思議に思われるかもしれません。それには、訳があるのです。

 さくらの里のケアマネジャーが、ジローの飼い主の高齢者を担当するようになったのは、亡くなられる4年前のことでした。もちろん、その時すでにジローはいました。飼い主さんは軽度の認知症のため、ジローの年齢を聞いても返ってくる答えはいつもまちまちでした。そのため、ジローの正確な年齢はわからなかったのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里 山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里 山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事