文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」

医療・健康・介護のコラム

ものが二重に見える…動脈のこぶが神経を圧迫、破裂すればくも膜下出血に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

眼科では異常見つからず

ものが二重に見える…動脈のこぶが神経を圧迫、破裂すればくも膜下出血に

 40歳半ばのKさんは、ものが二つにダブって見えると言って来院された。1週間ほど前からこの症状があり、眼科を受診したところ、眼に問題はないと言われ、様子をみていたが、改善せず不安になって来院された。眼科に行った時は、自分の気のせいかなと思うほどだったが、生活に支障が出るほどになってきたという。

 頭痛やめまい、吐き気について伺うと、頭痛は少しあるが、片頭痛持ちであるため、いつもの軽い片頭痛程度だという。他に症状はなかった。血圧は低めで上が100、下が60ほどだ。会社の健診では糖尿病やコレステロールなど血管系の病気につながる異常を指摘されたことはない。

血液検査も「問題なし」

 ものが二つにダブって見える症状を複視という。複視は脳神経の一つである動眼神経という神経に問題が起こった時に生じる。動眼神経は眼を動かしたり、光の調整をしたり、まぶたを開いたりする役割がある。

 糖尿病や甲状腺機能 亢進(こうしん) 症などの病気でも起こる可能性があるので、まずは血液検査が必要だ。通常の健康診断の項目に甲状腺機能検査は含まれないため、Kさんに血液検査を行ったところ問題はなかった。

40歳代・女性に多いくも膜下出血

 他に注意すべきは未破裂脳動脈 (りゅう) という病気だ。脳動脈瘤が破裂するのを「くも膜下出血」という。くも膜下出血は高齢者の病気と思っていらっしゃる方もいるが、好発年齢は40歳代で、しかも女性に多い。家系に脳動脈瘤の方がいると少し可能性が高くなる。Kさんにはそういう親族はいなかったが、脳血管を診断するMRA(磁気共鳴血管造影法)検査を受けてもらったところ、脳底動脈という場所に動脈瘤が疑われた。

カテーテルで治療

 その後専門医を受診してもらい、未破裂動脈瘤が大きくなったため症状が出始めたことがわかった。専門医のもとでカテーテルという血管から管を入れて治療する方法を行ってもらい、くも膜下出血になることもなく、無事複視も治った。

 ものが二つに見えて放っておく人はいないと思うが、ためらわずかかりつけの眼科医、内科医に相談してほしい。(常喜眞理 医師)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

joki-mari

常喜 眞理(じょうき・まり)

 家庭医、医学博士
 1963年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医・指導医、内科学会認定医、日本医師会認定産業医。院長を務める常喜医院(内科、皮膚科)での診療のほか、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として健康診断(人間ドック)の内科診察を行い、婦人科や乳腺外科の診断を担当する。様々な大手企業の産業医でもあり、職場におけるメンタルヘルスのサポートを長年行っている。著書に『オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方』(すばる舎)、『お医者さんがやっている「加齢ゲーム」で若返る!』(さくら舎)。現在、BS-TBS「Together」に準レギュラー出演中。

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事